日本において行われる相続制度とは、被相続人の残した資産の全てを一括して把握し、全ての相続人に対して相続する事を基本としています。
ここで言う相続人とは、一定の基準によって定められた優先順位により決定され、複数の相続人が存在する場合、その関係性の構成により分配の比率が異なってきます。当然の事ながら配偶者の比率は高く設定されています。
しかし、被相続人の意思により、その意向を反映した遺言が作成されていた場合には、その遺言に従う相続が優先される事となっています。
ただし、相続人の権利を保護する意味合いからも法律によって定められた遺留分が存在し、このような相続であっても、被相続人の意向は限定的なものに制限され、全ての相続人の権利は一定の割合で保証されるものとなっているのです。
被相続人の死亡によって開始される相続は、特別な遺言が残されていれば、遺留分を除いた財産が相続人の間で、また、残されていなければ財産の全てが法定相続として扱われ、様々な資産、負債などの全ては、相続人の間で行われる遺産分配協議を経て、それぞれの相続人に分配される事となり、同時に相続税も、その相続額に応じたものを負担する義務が発生するのです。
シニア17 xf0635025671l